ホワイトニング歯磨き粉って安全?歯を守りながらホワイトニングしたい

歯をホワイトニングするには歯科医院に行って行わなければできないと思っている人いませんか?
実は自宅でも歯のホワイトニングは出来るのです。しかも簡単に。

歯科医院で行われるホワイトニングは、漂白成分の含まれた液体を歯に塗って、時間をかけてホワイトニングするというものが多いですが、自宅で行う場合には、通常の歯磨きをするのを同じように、歯磨き粉タイプを使用してホワイトニングできるのです。

書いてしまえば簡単なのですが、簡単に出来るということは、その分安全性はどうなの?効果はどうなの?と少し注意をしなくてはいけないこともあるので、ここでご紹介していきましょう。

ホワイトニング歯磨き粉を使ってみた感触!研磨剤は安全なの?

ホワイトニング歯磨き粉を使ってみたことがある人は、なんかザラザラするという反応をすることが少なくありません。
そのザラザラの成分は研磨剤なのです。歯の表面というのは、食べ物の汚れやコーヒーなどの色素がついたりすることもあるし、タバコを吸う人も黄ばんでいることでしょう。

それらの汚れは一日に染みついたわけではありません。長年の生活習慣で歯についた汚れなのですね。それを落とそうと思うと、かなり時間もかかります。また表面についた汚れは研磨剤などを使用して削り取らないと取れないのです。

その研磨剤の粒子というのは結構大きいので、ホワイトニング歯磨き粉を使用した時には、ザラザラ感が口の中に残ってしまうのです。

研磨剤があるから白くなる?どのように選べばいいの?おすすめの成分は!?

研磨剤が含まれていても、ホワイトニング歯磨き粉によってはそのザラザラ感が大きく異なります。
そのためできれば研磨剤の粒子が小さいものを選ぶと良いですね。
研磨剤というのはどんなものであっても、歯の表面に刺激を与えるにほかなりません。

歯の表面の汚れを削り取るという感覚なのですね。
しかし粒子の小さなものを選ぶと歯への志刺激は少なくなります。
そのため出来れば粒子が小さいものを選ぶといいのです。

目で見て粒子はみることが出来ないので、私たちは口に含んだ時のザラザラ感で判断をするしかないでしょう。

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶことは、私たちのお口の安全性につながる

ホワイトニング歯磨き粉を吟味して選ぶということは、私たちの口の安全性を守ることにつながります。
歯はいつまでも健康的に長く残したいですよね。
そのためには、少しでも刺激を避け、安全に毎日使用できるものを選択するのがいいのです。